インプラントとは

歯を失った場所に、ネジのような形をした人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着して歯を補う治療方法です。

メリット

  • 他の歯に負担をかけない
  • 天然歯のように咬み心地が良い
  • 異物感が少ない
  • 歯が1本~数本欠損している場合でも治療の適応となる

デメリット

  • 手術が必要
  • 治療期間に数カ月を要することがある
  • 顎骨の状態によっては手術が難しい場合がある
  • 自費治療となるため高価

インプラントとは

当院のインプラントの特徴

当院におけるインプラントの歴史

先代の院長から続くインプラントは、開院当初から今では十数年が経過しました。今なお通院中の方も含めて、多くの方がインプラント治療を希望して来院されております。

精密な術前診査から術後の設計まで

CTの設置、技工室の完備等、術前から術後までの計画を一貫して院内で行っております。設計等で御希望があれば事前に御相談ください。

コンピューターガイドを使用

症例によっては安全性を考慮し、コンピューターガイドを使用して手術を行います。事前に作った歯型とCTの解析結果を用いてガイドを作成するため、埋め込む位置のズレがほとんどなく、より安全にインプラントを埋め込むことが可能です。当院が採用するStraumannガイデッドサージェリーについては下記のサイトをご参照ください。

https://straumannpartners.jp/medical/implant/safe/

CGF(Concentrated Growth Factors)療法

CGFは止血因子や成長因子が豊富に含まれた自己血液由来のゲルです。主に傷口の治癒促進や手術の際に用いることがあり、治療期間の短縮や骨量の増加を目的に行います。ご自身の血液を使用しており添加物を一切含まないため、術後のトラブルや危険性がとても低く、安全に使用することができます。

再生医療の一環として行われているため、当院は厚生局の施設基準の認可の基でCGF療法を行っております。

治療順序

治療順序

① 術前

術前

CTや模型から顎骨の幅や高さなどを計測し、インプラントの長さや太さを決定していきます。また、もし十分な骨量がない場合は骨移植なども検討していきます。

② 埋入

埋入

手術によりインプラントを顎骨に埋めます。写真は傷口が治った状態を示していますが、実際に手術からここに至るまでには術式によって1〜4ヶ月とかなり個人差があります。

③ 型取り

型取り

インプラントが十分に骨と生着したタイミングで土台の型取りを行います。その後一旦模型を作成し、その模型上で技工士が被せ物を作成していきます。

④ 完成

完成

模型の上で作った被せ物を実際に口の中で装着します。一般的にはこの後、不具合の有無や噛み合わせの調節を含めて2〜3回通院していただきます。そこで問題なければ3ヶ月から半年の定期検診に通院していただいております。

インプラント10年保証

当院は、Guide Dentインプラント10年保証システムの認定を受けております。インプラント治療終了後にキズや欠陥によりインプラントが折れたり、事故や堅いものを食べて上部構造が破損した場合に、定期的なメインテナンスを条件に無償で再治療を受けることが可能です。詳しくはGuide Dentホームページをご参照ください。

インプラントについて詳しく調べたい方

当院提携先のメーカーサイトで詳細を掲載しております。ご参照ください。

straumannPARTNERS

株式会社 インプラテックス