• 虫歯 治療
  • 根管治療
  • 口腔外科

早期発見・早期治療が大切です

もし歯に痛みがあるのなら、虫歯の可能性があります。虫歯はごく初期のものをのぞき、自然治癒しない病気です。痛みが出ている場合まで進行している虫歯は自然治癒することがなく、そのまま放置していても悪化するだけです。異変に気づかれたら、お早めのご相談をおすすめします。早期発見・早期治療を心がけ、お口のなかの健康を保ちましょう。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
C0 【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
C1 【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、歯科用プラスチックを詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
C2 【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、詰め物で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
C3 【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、被せ物を用います。
C4
【歯根まで達した虫歯】
C4 【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。
  • ページの先頭に戻る

自分の歯を残すために重要な根管治療

歯の神経にまで虫歯が及んでしまったときに行う治療。それが、根管治療です。根管治療とは根管内の虫歯に冒された神経や血管を取り除き、清浄な状態にする治療です。

根管治療の流れ

治療前

神経除去

清掃・消毒

薬物貼布

根管充填

補綴物装着

  • ページの先頭に戻る

外科処置を行う口腔外科

歯ぐきや唇、舌、あごの外傷や腫瘍に対する処置、親知らずの抜歯など、外科治療を行う診療メニューのことを、口腔外科といいます。当院では口腔外科も扱っていますので、虫歯や歯周病、歯並びの乱れ以外のトラブルにお悩みの方もお気軽にご相談ください。

当院の口腔外科治療

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずが斜めに生えていたり半分埋まっていたりする場合は、虫歯や歯周病の原因になりやすくなります。また、親知らずに圧迫されて歯並びが乱れてしまうことも。基本的に親知らずは不要な歯であるため、このような場合は抜歯を検討します。

歯牙移植

虫歯などで抜歯となってしまったときに、ご自身の親知らずなどを抜歯した部分に移植します。ご自身の歯なので適合性が良いという特徴があります。

再植

事故などで抜けてしまった歯を再び植える処置です。応急処置の方法などもお教えしますので、もし歯が抜けてしまった場合はすぐにご連絡ください。

できもの

できもの

お口のなかのできものの処置もおまかせください。原因をつきとめ、最適な処置を行います。

正確な診査・診断を行い、患者様に安心して治療してただくため当院では歯科用CTを導入しております。インプラントや根管治療はもちろんのこと口腔外科においても正確な治療を行うことが可能となります。

  • ページの先頭に戻る

インターネット診療予約