一覧に戻る

口腔外科

当院の口腔外科では主に親知らずの抜歯、顎関節症の治療、
口の粘膜病変の管理、その他の小手術などを行っています。
治療を行う際にはCTなどを使用して、
検査をできるだけ精密に行うようにしています。
また、総合病院口腔外科に勤務経験のある医師も在籍しております。
プライバシーの保護や清潔面に配慮した完全個室診察室もあり、
皆さまが安心できるような環境作りと安全管理に努めております。
ご質問等ございましたらお気軽にお尋ねください。

scroll

親知らず


親知らずが真っすぐに生えそろわず、斜めに生えてきたり半分埋まっていたりする場合、手前の歯が虫歯や歯周病になりやすくなります。そんな親知らずに押されて歯並びがガタガタになってしまうことも。。。
残せる場合もある親知らずですが、多くの場合で抜歯が必要になります。「自分はまだ大丈夫。。。」と思っていても痛みはある日突然やってきます。親知らずの一番痛くない抜き方は、何もトラブルのないキレイな状態で抜くことですので、不安がある方は一度早めに相談することをお勧めします。

親知らずの抜き方

  • >
  • >
  • >
  • >
  • >

顎関節症


「口を開けるとカクカク言う」「途中で引っかかって口が開かない」「噛むと顎が痛い」「頭痛や肩こりがひどい」などの症状は顎関節症の可能性があります。顎関節症は歯ぎしりや食いしばりが原因と言われており、歯のすり減りが強い方などは注意が必要です。顎関節症には主に内服治療とマウスピース治療を行います。今まで治療していたけど良くならなかった方でも、別の治療法で改善する事もありますので一度ご相談ください。

口の粘膜病変


口の粘膜病変とは、歯以外の舌や歯肉、頬粘膜などは荒れたり、口内炎を作ったりすることをいいます。特に女性に多いのが扁平苔癬(ヘンペイタイセン)という病気で、「舌や頬がヒリヒリする」や「触るとザラザラする」などの症状があります。原因としては口腔内金属アレルギーや歯周病細菌との関係が強いと言われておりますがはっきりとはわかっていません。治療法としては軟膏などで症状を楽にする方法の他に、口腔内金属をセラミックに置き換える方法や、歯周病治療を行うこともあります。中には癌になる可能性があるものもあり、管理が難しいため、異常を感じたら悪化する前に早めの受診をお勧めいたします。
※精査の必要性などにより病院などの施設に紹介させていただく場合もございます。